鵜飼リハビリテーション病院トップ > 入院について > 入院生活について

入院生活について

患者さんの1日(参考例)

photo

6:00 起床・検温

全身状態を確認させていただいた後、パジャマから日常着に着替えて洗面を行います。入院中もご自宅での生活を想定し、同じような生活を送っていただけるように援助を行っていきます。

 
bottom

8:00 朝食

患者さんの自立度に合わせた方法で食堂まで移動、朝食となります。洗面所での歯磨き・介助も毎食後に。リハビリスタッフも介助を行い、生活の中にリハビリが活かされているかを確認し、訓練メニューに反映させていきます。

食事について

bottom
photo

9:00 リハビリ(作業療法)

身の回りの動作を中心に、退院後に必要な動作もあわせてリハビリを行っていきます。調理などを実際にすることもあります。

回復期リハビリテーションについて 作業療法士について

bottom

12:00 昼食

食堂にてお召しあがりいただきます。嚥下困難な患者さんに対しては、言語聴覚士が食事場面で確認させていただきながら、訓練に反映させていきます。

食事について

bottom

photo

14:00 リハビリ(言語療法)

音声機能障害、言語機能障害、聴覚機能障害、嚥下機能障害、高次脳機能障害などに対してさまざまな訓練を行っていきます。

回復期リハビリテーションについて 言語聴覚士について

bottom
photo

15:00 リハビリ(理学療法)

主に移動を中心としたリハビリを行います。屋内での歩行能力獲得に伴い、屋外歩行、バス・地下鉄乗車訓練なども行っていきます。

回復期リハビリテーションについて 理学療法士について

bottom

photo

16:00 入浴

一般浴室・リフト浴室など、患者さんの状態に合った浴槽を使ってのご入浴です。清潔保持、リラックス効果が得られるよう介助させていただきます。

bottom
photo

18:00 夕食

食堂にてお召しあがりいただきます。

食事について

bottom

21:00 消灯

日常着からパジャマに着替えていただき、消灯です。

bottom

※リハビリのない時間などは、スタッフが常駐しているデイルームでお過ごしいただいたり、看護師などがリハビリを行い、日中の活動向上を援助いたします。必要に応じて、担当リハビリスタッフによる自主トレーニングメニューも作成していきます。

ページトップへ

入院生活に必要なもの


入院するにあたり、以下のものをご持参ください。

  • ・被保険者証
  • ・タオル
  • ・下着
  • ・バスタオル
  • ・パジャマ
  • ・ティッシュペーパー
  • ・日常着(普段着用しているものでよいです)
  • ・シューズ(かかとのついているもの)
  • ・入浴用品
  • ・プラスティックコップ

※敷布、掛布、枕、枕カバー、掛布団は病院で用意しております。お持ち込みされることは可能ですが、クリーニングの取り扱いはできません。
※病状により、入院後に必要となるものがある場合、看護師からお知らせいたします。

ページトップへ

食事について


photo病状により食べられないものがありますので、主治医と看護師にご相談ください。自炊・出前・同室の方へのおすそわけは禁止です。

食事時間・朝食/8:00 ・昼食/12:00 ・夕食/18:00