鵜飼リハビリテーション病院トップ > 組織・職種紹介 > 医師

組織・職種紹介

医師

photo
副院長 鄭 統圭

リハビリの理念は全人間的復権です。言い換えれば人間の尊厳を取り戻すことです。病気や怪我でベッド上の生活となり、トイレに行かない状態は尊厳のある姿とは言えません。尊厳とは意識があれば尿意が無くてもトイレで排泄する。日中は着替えてベッドを離れて生活する、口から食べること、浴槽に入り清潔を保つことです。
そのため、当院の回復期リハビリは生活をベッドから離れて行うことを最初の目標とします。日中は坐位が基本姿勢です。坐位が安定することで立ち上がりや移動、また、着替えや排泄などの日常生活動作が実用的になるのです。尊厳を取り戻し、次には、生きがいと自信を取り戻す目標を設定、実現していきたいと考えています。

 
photo
診療部長 米田千賀子

リハビリテーション医学は、病気や怪我で障害をもつことになった患者さまとそのご家族の生活をより良いものにするための科学です。
日本人の死亡原因の第3位だった脳卒中は第4位になりましたが、患者数は減らず、脳卒中のリハビリテーション治療の重要性はますます認識されるようになっています。当院に入院される患者様の多くも脳卒中による障害の治療が目的ですが、都市部に立地する当院でも患者様の高齢化がみられ、介護するご家族も高齢者という問題に日々直面しています。
リハビリテーション科専門医として、科学的根拠にもとづいたリハビリテーション治療を行うことを常に意識し、療法士、看護師、医療相談員、栄養士などとのチーム医療を実践しながら、患者様、ご家族の回復期後の生活に思いを寄せていきたいと思っています。

 
photo
医局長 倉地英志

大学卒業後三重県内の病院に勤務し、平成19年より当院で回復期病棟の専従医師として勤務しております。
急性期病院では治療を受けられる方が方法などを選択しつつも、実際は医療者側が主に治療を進めていく場面が多いと思います。しかし、回復期では入院をされる方がまさに主役となり、生活場面への準備・訓練をしていっていただくことになります。当院に入院していただいた方が一つでもできることが増えた、よくなったと感じていただけるように、スタッフと協力してそのお手伝いができたらと思います。

 
photo
大竹由眞

平成24年より当院で勤務しております。専門は整形外科ですが、骨折に限らず脳卒中の患者様の診療も行っています。赴任後改めて感じるのは、たとえ同じ疾患、同じ治療を受けられていても、それぞれの患者様で望まれているものが少しずつ違うということです。
日常生活基本動作の自立度の改善は目標ですが、患者様それぞれの希望に少しでも添えるようリハビリテーションをすすめていきたいと考えております。
当院では患者様を中心に、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、医療ソーシャルワーカー他、多くのスタッフとチームを組んで、リハビリテーション治療を行っております。より質の高い社会生活の再獲得を目指し、チーム医療を実践できればと思います。

 
photo
津金慎一郎

平成25年4月に、当院へ赴任してまいりました。
病気になったり、けがをしたりした後の生活を考えると、回復期リハビリテーション病院に入院していただいて、その施設の医師が患者様とかかわることができる期間は、とても短いものにすぎないと考えます。そのような制約はありますが、回復の状態を拝見し、入院される方お一人ずつの、退院後の生活の準備がしっかりできるよう、お手伝いをさせていただきます。

 
photo
今井幸恵

三重県内の回復期病院に三年勤務し、平成25年4月より当院に勤務しております。
回復期リハでは入院された方の症状、希望に応じ病院スタッフがチームとなり、一緒に問題解決に向けに取り組んでいきます。リハビリテーション科専門医師として、病気や合併症の治療を行い訓練に集中できるようにすることはもちろん、必要に応じて嚥下機能検査(嚥下造影検査・嚥下内視鏡検査)、装具処方など、より良いリハを行えるようお手伝いしていきたいと考えます。

 
photo
鈴木秀斗

準備中

 
photo
坪井麻理子

準備中