鵜飼リハビリテーション病院トップ > 組織・職種紹介 > OT(作業療法士)

組織・職種紹介

OT(作業療法士)


作業療法士は、患者さんの身の回りの動作のみならず、退院後に患者さんが望まれる生活にできる限り近づけるよう、様々な動作訓練を行ないます。
毎日の生活は多くの動作で成り立っていますが、病気の後遺症によって、それまで自然にできたことでも難しくなってしまいます。また例えば、「歩いてトイレに行きたい」、「一人で着替えができるように」、あるいは、「主婦業ができるように」、「一人暮らしがしたい」など、患者さん・ご家族の要望は様々ですが、それぞれに合った日々の訓練を通してご自分でできる力を伸ばしていきます。必要に応じて、動作を助ける道具(自助具)・環境整備なども患者さん・ご家族と一緒に考えながら、新たな生活に向けて再出発できるようお手伝いしていきます。

機能訓練

麻痺などの後遺症によって腕や手が動かしにくくなった方に対して、日常生活の中でできる限り使えるよう訓練していきます。どうしても回復が望めない方に対しては、肩や指の管理方法なども指導していきます。

photo

麻痺側上肢訓練

photo

手指機能訓練

 

日常生活動作(ADL)訓練

ベッドで寝起きする動作や着替え、トイレ、食事、歯磨き、入浴など、普段の生活の中で基本となる身の回りの動作の練習や、立ったり座ったりと様々な姿勢の中で、安全で効率のよい動作方法の練習を行ないます。また、トイレに行く、居間から寝室に行くなどの移動動作を含めた練習も行ないます。

photo
photo
 

生活関連動作(APDL)訓練

患者さんの状態や必要性に応じて、退院される場所の環境を考慮しながら、買い物・調理・掃除・洗濯などの動作訓練を行ないます。動作を工夫したり、自助具や市販品などを紹介し、できることを一つずつ増やしていきます。

photo
photo
 

介助指導

photo患者さんお一人で行なうことが難しい動作でもご家族の助けを借りながら何とかできる動作もあります。ご家族が安心して介護できるように適切な介助指導を行います。