鵜飼リハビリテーション病院トップ > 組織・職種紹介 > PT(理学療法士)

組織・職種紹介

PT(理学療法士)


脳卒中や大腿骨近位部骨折などで運動機能が低下した患者さんに対し、主に基本動作能力(座る・立つ・歩くなど)の回復を目的に様々な運動を行ない、自立した日常生活が送れるよう援助しています。 理学療法士が医学的・社会的視点から身体機能や生活環境を充分に評価し、他職種との情報共有のもと、チームで統一された目標に向け、適切なプログラムを作成します。プログラムを基に、筋力強化、関節可動域の拡大、麻痺の回復、痛みの軽減など運動機能に直接働きかける治療から、動作訓練、歩行訓練など能力向上を目指す治療法まで、動作改善に必要な技術を用いて日常生活の自立を目指します。

発症・入院から退院までの流れ

理学療法士が患者さんに直接触れて行なう筋力強化や動作練習に加え、様々な機器を使用して筋力や体力の強化を図ります。

photo

レッグプレス

photo

レッグエクステンション

photo

レッグアブダクション

 
photo

チェストプレス

photo

エルゴメータ

photo

バイオデックス

 
photo

トレッドミル

 

関節可動域の拡大

photo

理学療法士が患者さんに直接触れて、痛みの状態を観察しながら行ないます。また、足関節矯正台を使用し、持続的な伸張により足関節の改善を図ります。

 

バランス練習

photo

身体を吊り上げた状態でのバランス練習やバランスマットを使用した練習を行ないます。

 

歩行練習

装具を使用した歩行練習

調整が可能な長下肢装具や短下肢装具を多く揃えています。脳卒中による麻痺の状態に応じて適切な装具を選択・調整し、歩行訓練を行ないます。また、杖や歩行器などの歩行補助具も多く揃えており、身体機能に応じて適切な歩行補助具を選択しています。(御自分の装具を作製させていただく場合もございます。)

免荷歩行トレーニング

平地での歩行訓練に比べて麻痺の回復や歩行速度の向上が期待できる免荷歩行トレーニングを行ないます。

病棟での歩行練習

実際の生活場面を想定した病棟での歩行練習を行ないます。病棟生活での自立を目指し、他職種とも協力しながら歩行練習を行ない、訓練時間以外の活動量の向上を図ります。

photo

装具・歩行補助具

photo
photo

免荷歩行トレーニング