鵜飼リハビリテーション病院トップ > 組織・職種紹介 > ST(言語聴覚士)

組織・職種紹介

ST(言語聴覚士)


言語聴覚療法では、言葉を理解できない・話すことが上手くできなくなる失語症、発語器官の麻痺などで声や発音の異常が出る構音(こうおん)障害、注意や記憶などの認知機能が低下する高次脳機能障害といったコミュニケーション障害を扱います。また、食べ物が上手く飲み込めなくなる嚥下(えんげ)障害についても対象となります。
聞く・話す・読む・書くといった言語障害の特性上、机のある個室での訓練が一般的ですが、コミュニケーションの基本である「人との関わり」や「生活の質」を重視して、病棟や屋外など様々な環境を利用した訓練も積極的に行なっています。

失語症の訓練

photo絵や文字のカード、プリントなどを使い、言葉の理解力を高めます。日常生活に必要な物品の名前、会話の中で使う言葉などがスムーズに出るよう訓練を行ないます。

 

構音障害の訓練

photo呼吸や発声、舌などの発語器官運動を強化します。苦手な発音を中心に単語や文の発話訓練を行ないます。

 

高次脳機能障害の訓練

人の行動において基盤となる注意や記憶、判断能力を高めるための様々な認知訓練を行ないます。症状の個人差が大きく、訓練プログラムも多種多様にわたります。

photo
photo
 

嚥下障害の訓練

嚥下造影検査(VF:VideoFluorography)や内視鏡検査(VE:VideoEndscopy)で飲み込みの状態を確認しながら、実際の食事場面で食べたり飲んだりする訓練を行ないます。口から食べられない方でも、口や喉の諸器官を動かしたり、刺激を与えるなどの訓練を行ない、少しでも食べる楽しみを得られるようにしていきます。
歯科的な問題のある方は、歯科衛生士や歯科医、また、食事の形態については、管理栄養士と相談しながら進めます。

photo
photo
photo