鵜飼リハビリテーション病院トップ > 回復期リハビリテーション

回復期リハビリテーション

回復期リハビリテーションとは


回復期リハビリテーションとは、衣服を着たり脱いだり、食事をしたり、歩行したりなど、
日常生活に必要な動きをできるようにしていくことを目的としたリハビリテーションです。

リハビリの訓練中では杖をついて歩くことができるのに、病棟では車椅子を使っているといったように、「できるのにしていない」ということがよくあります。
当院では、病棟での「している日常生活動作(ADL)」を向上・安定させ、最終的には家庭に復帰した時の「する日常生活動作(ADL)」の確立を目標にしています。ご自宅の生活をより自立したものとするために、患者さん一人一人に寄り添い、一緒にゴールを目指してリハビリを行います。

発症・入院から退院までの流れ












発症/入院/退院 急性期は、病気の治療を優先的に行う時期です。リハビリでは、安静臥床による心身機能の低下を予防しながら、少しずつ動ける範囲を拡大していきます。










ョ ン













早期対応 病状が落ち着き、急性期の治療の必要性がなくなってきたら、病院間で連携をとり、リハビリ専門の病院に転院します。
回復期では、体の状態に応じて少しずつ負荷をかけながらリハビリを行います。短期間にたくさんのリハビリ時間を提供し、スタッフ間で情報共有して、患者さんの機能の回復や日常生活動作の拡大につなげます。
リハビリのゴールが近づいたら、自宅あるいは施設で生活するための準備をします。












長期対応 自宅あるいは施設での生活の中で、リハビリで獲得した機能や能力を維持するために生活期(維持期)のサービスにつなげていきます。

ページトップへ

ADLプログラム


ADL(ActivitiesofDailyLiving=日常生活動作)プログラムとは、寝返り・起き上がり・座位・立位などベッドまわりの基本動作や、車椅子駆動・歩行などの移動動作、コミュニケーション、食事・整容・更衣・トイレ・入浴など日常的な動作を中心に行なう病院での訓練です。

photo
photo
photo
 
photo
photo
photo
 

ページトップへ

チームリハビリ


医師・看護師・理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)・ナースエイド・ソーシャルワーカー(MSW)など、患者さんにかかわる全てのスタッフがひとつになり、チームとして毎日のリハビリを実施していきます。

チームリハビリ解説図

チームアプローチ

当院では、病棟における多職種でのチームアプローチを重要なリハビリテーションの要素とし、専門職種間の横の連携強化を図っています。
それぞれの職種のスタッフが常に連携を図ることで生まれる「院内の活気溢れる雰囲気」は、患者さんに対して最適なリハビリテーションを行ううえでの、重要な要素です。
それぞれ違うゴールを目指す患者さん一人一人に、チームで最適なリハビリテーションを提供します。