鵜飼リハビリテーション病院トップ > 生活期(維持期)リハビリテーション

生活期(維持期)リハビリテーション

通所リハビリテーション


平成21年6月より、当院の回復期リハ病棟を退院された患者さんを中心に、身体機能及び能力の維持・向上を目的に、当院に通院していただき、1時間以上2時間未満のリハビリを行なう短時間通所リハビリテーションを開始しました。
当院での通所リハビリテーションプログラムは、理学療法士が行なう個別訓練と、機器を使用した自主訓練を実施しています。
また、通所リハビリテーション開始から1ヶ月ごとに身体機能(握力・片脚立位時間・リーチテスト・30秒椅子立ち上がりテスト・下肢筋力)や歩行速度、ADL(日常生活動作)を評価し、状態の変化に応じて各訓練を見直していきます。

個別訓練

理学療法士が患者さんに直接触れて行なう20分間の訓練で、関節可動域や筋力増強、バランス、歩行、その他の動作訓練を実施します。

photo

関節可動域練習

photo

バランス練習

photo

歩行練習

 

個別訓練

主に筋力・体力の向上を目的に、さまざまな機器を使用したマシーントレーニングを60分間実施します。

photo

レッグプレス

photo

レッグエクステンション

photo

レッグアブダクション

photo

エルゴメータ

photo

バイオデックス

ページトップへ